スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月2日『共振』於新宿紅布

  • 2012/03/03(土) 12:00:00

出演

北村早樹子
見汐麻衣(埋火)
ミラーボールズ
日比谷カタン

“7号”は、此処がつくった。
といっても過言ではない気がする程、いろんなミュージシャンを追う
きっかけとなっているライヴハウスが、東新宿『紅布(Red Croth)』です。

だから、この面子でのライヴがある、と知った時
「おまえは俺か!」くらいの強いシンパシィを覚えた。
そして、間違いは、なかったようです。

『共振』というのは、特に決まった出演者を設けず、しかし
シリーズ化しているイヴェントのようで、
企画の田中さんという方の着眼点は、すごく編集力があると思う。
『最後までお客さんが帰らないイヴェント』というのが、理想形だと
わたしは思っているのですが、この日は、まさしくその具現化でした。


まずは北村早樹子嬢。

うつむき女子ピアノ弾き語り、というイメジも確かに残しつつ、
ここ最近のさっちゃんの視線は、まっすぐ前を向いている。
椅子の上に立ち上がり、ハンドマイクで
女のこの「あるある!」を歌う彼女は、可愛いけどすごく怖い。
詩的な殻に覆われていた情念が、孵化するように露わになって
直截的になることで
より“作品”として際立つのです。
そして、殻を脱いだことで、「何でもできる」感じが
どんどん強くなっている。
既発の耳慣れた曲達も、その真意の核が徐々に芽を伸ばしているのがわかる。

締め括りは、
“朝も昼も夜も”という、音源化されていない曲。
初めて聴いたときは遠いモノローグだったこの曲が、
回数を重ねるうちに、深い感情移入と共に痛みと重さで表情を変えてゆき、
いまとなっては、するっと北村早樹子の「作品」になっている。
この曲が、
彼女の、ここ1年の目まぐるしい成長を、高らかに物語っている気がします。


続いては、見汐麻衣さん。
彼女を観るのは3度目くらいかな。最後に観てからもう2年くらい、経ってしまいましたけれど。
ギターで作り出す浮遊感と、ぴったりと合う柔らかい声の感触。
掴みどころがないのに、確たる芯を持って、眼の前に立ちはだかる…というのが
彼女の印象なのだけれども、それはずっと、変わらない。
今回気付いたのは、見汐さんの呼吸、息遣い。
見汐さんは、「無意識」には呼吸をしていない気がした…
というと、なんかおかしいのかな。
呼吸、という生命活動を維持するための行為ですら、ひとつひとつに作為があって、
彼女の音楽に欠かせない1要素として、操作していると感じたのです。


そしてそして。
活動休止(?)から、お帰りなさい!のミラーボールズ
最初に言っちゃおう。これまで観た中で、ベストでした。
選曲も、アクトも。
“七色ハンガー”という初期の曲から始め、緩急を感じさせるセットリストの展開、
ラスト2曲では、今日初めてやる、という新曲(ほんとカッコよかった!)と
“すべての始まり”を併せて持ってくるところに、ふたりの決意を感じました。
MCで結婚を報告し、「よろしくお願いします」と言ったときの北脇さんは、頼もしく見えた
(「適齢期だって思ってたら、ちょうど男女ユニットだったから」とか、
相変わらず凄いことおっしゃってましたけど…)。
そして、森くんの素晴らしい跳躍力。
これからも続いていくんだ、と思えることの嬉しさ。
どん詰まりだったりねじれていたり薄暗かったり、ときには真っ暗だったりするけれども、
かすかな光の当て方により
その世界のすべてをくまなくいとしいと思える、思わせてくれるのがミラーボールズで、
北脇恵子と森真二、というふたりの才能の結晶なのです。


トリは、日比谷カタン氏。
最初の刷り込みがあるせいなのか、紅布で観るカタンさんは、いちばんしっくりくる。
というのがわたしの印象なのだけれども、今回もまったくそれは、
裏切られませんでした。
ミラーボールズの二人に」と始められた“ヘテロのワルツ”の響き方が
いつもより熱を持っていて、際立っていた。
最早15分の大作となった“Fake Fur Baught By Summer Sale Bot”も、各ネタの粒が立っていて、
何度観たかわからないのに新鮮に笑わされてしまう。
お客さんとの予定外のコール&レスポンスや、キャッチボール的なやりとりにも、
きちんと打って返して、ブレることなくアクトを進めるカタンさんの
ステージへの姿勢は、彼が現在オトトイの学校で開講している
「六弦似非弾き語りクリニック」で言い続けていることの、確かな証明でした。


3時間強、余すところなく隅から隅まで愉しめた『共振』。
このイヴェントを企画してくださった、前述の田中さんとも少しお話ができました。
今日のブッキングは、いろんな番狂わせから生まれていたことを教えて頂いたのですが、
結果的にそれが功を奏して大成功に終わったのは、田中さんの機転の利かせ方。
嬉しかったのは、田中さんが去年の『ネオンから月光』於公園通りクラシックス を
観てくださっていたということ…!

なにかがどこかで、不意に繋がって共振する。
まさに、名は体を表すさまを、はっきり呈示された夜でした。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。