FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクマ!サラウンド・ワンマンショウ 於渋谷屋根裏

  • 2011/09/02(金) 23:59:00

正しくは
「サラウンド音場でワンマンライヴをやるハンサムは私だ。
~Four Season’s One Man Show Vol.3~」

ですね。

この日は、福岡から友人・ゆいさんが参られたのでした。

ゆいさんとは、3月頃にTogetterを介してお知り合いになり、
その後Twitterの方でもやりとりを繰り返していたら
9月に上京される、とのことで
「じゃあ、テクマ!さんのワンマン、どうかい?」という流れに。

ライヴの前に、すでに2軒はしごして
いろいろなお話をしたのですが、そのことは、別の機会に、でも絶対に
書こうと思います。
というのも、311から半年の節目を迎えるにあたって、
トテモ大事なことだから。

思えば、テクマ!さんのこの「Four Season's One Man Show」も、
Vol.1は震災の1週間後、という過酷な状況からのスタートでした。
実際、その日は何事もなく、穏やかに成功を収めたのですけれど。

それからおおよそ半年、ですよ。
たゆまず、折れず、そして忘れるわけでもなく。
ひたすらに、己を磨いてきたテクマ!さんの姿が、ステージの上にはありました。

ナンテ言い方をすると偉そうなんですけれど、
「己を磨く」ということそれ自体が、実は万人にできる話ではないのだなあ…というのが
明るみに出たのが、この半年間の東京の姿である気が、します。
そして、テクマ!さんは身を以てそのことを証明してくださった。

オープニング・アクトの、
弟のテクライアツシ氏率いる『Teck-Tick』のバラエティに富んだ6曲
(ねえ、オープニングアクトだよね…!!)から始まって、
序盤のテクマ!節×サラウンド音場のたのしい実験的ステージ、
中盤の、チェロ(さゆキャンディさん)とアップライトベース(TOMO TOMO Clubさん)を率いたしっとりとした
「歌謡曲研究の成果」、
ex.ラヴ・タンバリンズ eliさんの軽快でぴりりとした毒(添加物系?)が利いたトークを挟み、
彼女のコーラスがNW心をくすぐりまくる新曲2曲のアクト、
そして、またソロに戻ってからの、『全力』という台詞はこの為にあったんじゃないか、と思える
渾身の舞台…。

どこをとっても構成に緩みがなく、特に後半のソロは、
『鬼気迫る』という言葉を使うことも、難なく許されそうな迫力を纏っていました。
しかし、そんな圧倒的なものを見せながら、『見せる』だけに終わらない、
お客さんも参加型で愉しめるステージ(というか、場、全体)をつくってくれるのが
テクマ!さんのワンマン。
定番曲“ないないない”や“桜の花の咲く頃に”“アヴァンチュールで行こうよ”、
TMネットワークのカヴァー“Get Wild”では、フロアも一緒に躍る、踊る。

幕間に現れたアイハラミホ。さんのステージは、何度観ても顔がほころんでしまうのだけれど、
今日ほど「彼女のステージを知ることが出来てよかった!」と
思えた日はなかった。
表情のひとつひとつにまで、じっくりと目が行き届いて、
そのめまぐるしさをすべて追いたくなってしまう、まばたきが惜しいほどのパフォーマンスでした。
ご一緒させて頂いていたゆいさんのお友達、やすさんがおっしゃった
「緩急の『急』で笑わせるひとはいるけれど、『緩』の部分で笑わせられるひとは、そういない」
というお言葉は、まさにこの日のアイハラミホ。さんのステージからしか
生まれない実感だったと思います
(ちなみにその後のやすさんの、アイハラミホ。さんへのゾッコンぶりは、
なんか訳のわからない嫉妬に駆られそうなくらい、ときめいてて可愛かった…)



更に。料理上手でもその名を轟かすテクマ!さん、本日は「サラウンド皿うどん」を来場者に大盤振る舞い。
麺は長崎からの直送、あんかけはご自宅からタッパ5つで搬送、という念の入れよう。
先日Ustで「小料理屋ねおち、ケータリングやります」と言いましたが、
いつか訪れたら嬉しい実現の日のために、
この根性は、見習わねばなりません…。



とにかく、テクマ!さんが愛情を注ぐものがすべて織り込まれ、
さらにそれをその場にいるどのお客さんにも伝わるように、と組まれた隙のない構成。
この完成された3時間を経験することが、
「己を磨く」という言葉の過酷さと、同時に可能性を、強く実感させてくれたと思います。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2011/09/14(水) 14:27:17
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。