FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日比谷カタンin Moers Festival Morning Session【2nd Day・前篇】

  • 2011/06/12(日) 00:00:00

キリスト教圏の日曜日は、ほんとうに粛々としている。

と、ゆうわけで。
メールス・フェスティバルも2日目、メインステージは本日が最終日。

※この6月12日は、聖霊降臨祭(ペンテコステ)という
キリスト教圏の祝日にあたり、翌月曜日もお休みになります。
それが故に、メールス・フェスティバルは月曜日もちょこちょこイヴェントが続く。
カタンさんのモーニングセッションが月曜日まであったのも、
そのためのようです。



会場である公園に向かう途中、目抜き通りをちらりと通るのですが、
お店はどこもかしこもお休み。
日曜日=安息日、という習慣が、しっかり根付いている為なんだろうな…と
目を細めるも、ここには、大問題があったのでした。

初日で完売してしまったカタンさんのコンパイルCD-R。
持ってきたMacに音源データは入ってるので増版は可能、ということだったのですが、
材料が足りない。

CD-Rとケースは、フェスの事務局から購入できたようなのですが、
ジャケット素材と、プリンタと、紙がない。
つまり、はだかの状態で売らなければならない。

目抜き通りに、手工芸店、というか
ハンズの小規模なもの…みたいなお店があって、そこなら
紙売ってるかも。
同じジャケットにはならないけど、ちょっと体裁整えることはできるかも…と
思ったのですが、なにぶん、キオスク以外のお店はすべて休業しているため、
調達が不可能に。

嗚呼困った。
しかたなく、フェスのフライヤーやタイムテーブルを利用し、
そこにオフィシャルサイトのURLを明記して
「とりあえず」のスリーブをつくることになったのでした。

そんな危機もありつつ、ライヴはつつがなくスタート。
昨日の教訓を得て、準備が整ってから会場の扉を開ける。
すると、もう1曲目から席が埋まり始めてゆく。
昨日見かけた顔もちらほら、新しいお客さんもぞろぞろ。
みな、曲が終わるまでじっと聴き入っていたり、身体を揺らしたり。
総じてドイツのお客さんは、グルーヴへの適応が速い。笑
知らない曲でも、波をつかむとすすい、と入ってゆくのです。

この日のカタンさんは、お馴染み、だけど日本ではめっきり
登場回数の減った、黒地のフリル付着物を着流しておられました。

1stセットでは、“スキゾフレニイアパルトメント”
独初披露。
流石に途中の
「ある組織が狙ってる(ゲシュタポ)」はカットでしたが…。
ちなみに、朝、この曲を聴くと「始まったな」と思ってしまうのは
わたしだけでしょうか
(『対話の可能性』入手後、毎朝このアルバムをアラームにしていたため
“MinorCats”で目覚めた後、ずーっと通して聴いていたことの刷り込みか)

そして、中心は普段よりもスピード感の増した“ヲマヂナイ”そして
“伊福部昭メドレー”
“ヲマヂナイ”
後半の奇声シャウトはいつもより念入りで、
ビザール感の強い、セットでありました。


少しの休憩を置いて、2ndセットは12時ちょっと過ぎからのスタート。
“畸形~”から入る“逆抵牾参る”のフルヴァージョン、
簡単な自己紹介に続いての英語編“ヘテロのワルツ”の流れは、ちょっと切ない。
と、思っていたら空気がひっかきまわされる“キッチンレアリヅム”
このあとの、原子力に関するMCでの
「わたしの頭がメルトダウンしています(英語)」という発言は、
やたらウケておりました。

“伊福部昭メドレー”が終わったところで、突如お客さんから
ブルースのリクエストが…!
突然のこと&リクエスト内容の意外さに戸惑いつつも、
しばしこのアドリヴに応ずるカタンさん。
いまさらながら、順応はやい…と呆気にとられてしまう。

“終末のひととき”の反響がかなりよく、
音源化されていないことを惜しまれたりしていました。
そうなんだよね。
ライヴでお馴染みすぎて忘れてたけど、この曲、まだどこにも
入っていないんだよね。

ドイツの方々に便乗して、わたしもここに希望しておく。

この日もCD-Rの売れ行きは好調で、
急ごしらえだったにも関わらず
Side-A(『対話の可能性』中心)、Side-B(『ウスロヴノスチ』中心)
ともに、ほぼ完売。
わたわたと後片付けをしていると、
昨日、ステージの脇に座っていたビーグル似のフリーダムな壮年男性が、声をかけている。

彼の名前は、Michael Rieth
ドイツの新聞で、ジャーナリストをしているとのことでした。
彼は、あとで話を詳しく聞きたい、という旨
カタンさんに伝え、簡単なインタビューの場を設けることに。

つづく。

ちなみに、この日のセットリストはこちらにて。→

■6月12日 1st Set

畸形認メ申ス
MC
スキゾフレニイアパルトメント
MC
いびつな月のはからい
ヲマヂナイ
MC
伊福部昭東宝特撮メドレー
MC
終末のひととき
対話の可能性
(※すべて日本語詞)

■6月12日 2nd Set

畸形認メ申ス~
逆抵牾参る
MC
ヘテロのワルツ(英語)
キッチンレアリヅム
MC
伊福部昭東宝特撮メドレー
ブルースのリクエストに応えてのアドリブ
終末のひととき
対話の可能性

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。