スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭りの乙女地獄・二本立て。【前篇】

  • 2011/03/04(金) 22:00:00

第一部
『君の声が聞こえる』
於 渋谷・7thFloor
出演
北村早樹子
Sheeprint
みかとやす(京都)


というわけで、はしごをしました、雛祭り。

当初、440にゆくつもりで、チケットを購入して心待ちにしていたのですが、
2月の中頃かなあ。
北村早樹子に、ある転機が訪れたと風の便りに聞き、
更に
わたしが行けなかったサンジャックでの平賀さち枝さんとの
“さっちゃん2マン”での彼女がすっごくよかった!
と言われておろおろして問い合わせたら、
早樹子嬢の出番は、一番目とのこと。
「そんなら、いま観に行かない手はないでしょう…」と、
はしごを決めたのでした。

まずは7th Floorへ。開演が少し押していたようで、
早樹子嬢は客席に。
とりあえず、時候の挨拶みたいな会話を交わしてほのぼのしていたら、
会場のスタッフが呼びに来て、アクトのスタート。

“わたしの一角獣”から、空気をぴん、と張りつめさせるスタート。
そこから3曲ぐらいは、こと、様子は変わらず。
最初は微動だにせず、拍手もなかった会場も、
徐々に和らいでゆく…。

と、恋する2曲、と題されたタワレコ新宿店限定特典のCD-Rに収録されている
うちの1曲、
より恋の生々しさを打ち出した“わたしのライオン”が披露された辺りで、
異変に気付いた。


ちょう走ってる…!!


もともと、早樹子嬢の曲の中ではテンポは速い方で、走ったまま
ピアノとのずれに「ん?」と思うことも、なくはなかったのですが、
この日の“わたしのライオン”は、ひたすらに速い。ヴォーカルも速い。
よって、“走っている”というより、“bpmが上がってる”と述べた方がいいのかもしれない。
こころは、ここにある。
でも、はやく、立ち去りたい。
そんなヂレンマが、更にアップテンポになったこの曲からは感じ取れたのでした

そして“千の針山”“解放”と、ライヴのクライマックスに披露される曲が続き、
これはいつもの強さとひたむきさに、戻って。
続いて演奏された“夢想花”も、相変わらず
彼女の奥底のやわらかさを引き出している。
この、一縷の光を残して今日も終わりかな…と感じていた頃。

初めて聴く曲が、始まった。
これが、恐ろしかった。

夢想花”の流れから、ごく自然に繋がるふわん、としたミドルチューン。
なのだけど、たぶん、このうたの中には彼女の“いま”が、
余すところなく収められている。
詞の内容を他人が書き連ねることは、きっと許されない。
彼女は、じぶんの身に起きたことしか歌わないから。
それが寓話や、警句であっても。

だから、この曲もきっと彼女の感情と生活の発露。
それは、あまりに温かくて、幸せで、

身を切り刻むような、残酷さに満ちている。

これを、ポップネスを纏った曲調でうたいあげてしまうこと。
そして、そのなかにはシャウト含め、
いままで彼女が秘めていた脆さがすべて露呈してしまっていること。
曲が穏やかであるだけに、痛々しく、右腕をつねられる気持ちになった。


ステージを終えた早樹子嬢は、晴れやかに見えるけど
ちょっと眉をひそめた、複雑な表情でこちらに降りてきた。
まだ、わたしには
気持ちを正しく伝えることばが、見つからなかった。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。