スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月3日 原宿眼科画廊 ~原宿眼科アワー~ 於原宿Ucess the Lounge

  • 2011/02/03(木) 23:00:00

twitter上で、何度か告知を見かけたイヴェント。
ギャラリーである『新宿眼科画廊』さんが、ラウンジ企画として始めた
マンスリーで行う、
チャージフリーイヴェントの第1回、だったそうです。

結論から言いましょうぞ。
一度は、足を運んでみることをお薦めします。
正直、これでチャージフリーは観る側にとってトテモ美味しい。


たまたまその日は渋谷にいて、なんか家に帰りたくなくて
(引っ越してから初の帰宅拒否…!!)
「あ。21:00。もうちょっとでこのイヴェント、始まるね…」

と、ふと思い立って、そのまま山手線に乗ってみたのでした。

会場に着いたのが21:00をちょっと回っていたため、
中に入ったら
ハンサム、またの名をテクマ!師匠の『ビューティー講座』が
ちょうど始まるところでした。

第1回目、ということもあってか、
会場の方(ていうか、もう1組の出演者、星屑のキラメキの方だった)
テーマは自然と「スキンケア・ヘアケアの基礎知識」的な流れに。

まとめると
「とにかく、皮脂を大事にすることと、清潔感を保つこと」。
つまりは、内側から発する、人間の元々持ってるポテンシャルを
有効に使うことから美は始まる、ということでしょうか。

洗髪は、シャンプーを使いすぎない。
爪を立ててごしごしせず、指の腹でマッサージするように。
毎日洗うことが、清潔感に繋がるとは限らない。

ここで思い出したのは、
中原淳一御大の『ひまわり身だしなみ手帖』のこと。
確か、あすこには
「清潔と健康を保つためにも、髪の毛はせめて3日に1回は洗いましょう。
1週間もそのままにしておくのは、いけません」と
書かれていたのでした。
あれは戦後だったから、当時の情勢を考えて
ちょっと極端な例だとしても、
やっぱり「髪、重たくなってくるかな…」と思った頃に洗うのが
ちょうどいいんじゃないかな、と思うです(わたしの場合は、概ね1日おきくらい)。





あと、香りについてのお話もありました。
男性は基本、「甘い香り(母性を感じるような)」を好むんじゃないか、とか。
ハンサムはその辺にはそそられない、とおっしゃってましたが…。
どうなんでしょう。ちょっと聞いてみたいな
(つか、このブログって、男性と女性とどっちの読者が多いんでしょう)。

それと、司会の方(新宿眼科画廊の、たなかちえこさん)からの質問から発展して
「一度『網タイツ講座』もやりたい」という流れに…。
一足しか持ってませんが、そのときには是非参加したい。


そして休憩を挟んでの、ライヴタイム。
まずはテクマ!氏から。
3曲ほどのミニライヴ、という形でしたが、
ラストの“Get Wild”(TMネットワークのカヴァー)に参加した
『星屑のキラメキ』とのコンビネーションは、
空前絶後のオリジナリティを、放っていました…。

中盤(2曲目)に“淋しい気持ちを無くす薬”という曲が
披露されたのですが、
これは、聡明で美人なんだけど、なかなかじぶんの思う『幸せ』に辿り着けない、
けれども静かな貪欲さで幸せを探し続けているOL(たぶん…)
『聡美さん』を主人公にしたシリーズの中でも、中核を成す曲だと思っています。
すごいざっくり言っちゃったけど、
聡美さんは、現代に於いてわりと普遍的な女性像だと思うので
『聡美サーガ』のコンセプト・アルバムをつくってほしい、テクマ!師匠には。
と、思っております。

続いてはその“Get Wild”で衝撃を受けた
星屑のキラメキ』の登場…!!
男女4人組のバンド(で、いいのかしら…?)なのですが、

あのね。ごめんなさい。
彼らの最大の魅力である“間”を、
文章で伝えることに限界を感じています。

バレンタインで街中が盛り上がってたあの頃。
渡り廊下走り隊7の“バレンタイン・キッス”を視た後、
すぐに星キラの“バレンタイン・キッス”がアタマに流れてきて上書きされたあと、
ずーっと脳内を浸蝕していた。

とにかく、あのすっかすかの空気感。
と、相反するようなねっとり濃密な印象。
「不思議ちゃんに見られるんだけどすごく冷静なひとが、
敢えて不思議ちゃんを演じてるような
マトリョーシカのような奥行きを感じた」
と、思ったのです。


というわけで、全行程が終了したのが、22時ちょっと過ぎくらい。
告知では「2時間くらい」と書いてあったので、ちょっと拍子抜けしたのですが、
各コーナーの構成はすごくきちんとまとまっていたし、
いま改めて思う。
この気軽さが、すごくよかったんですね、と。

時間って、
縛られすぎるのは、そりゃあ勿論窮屈だけれども、
ひとが動くか、止めるかのひとつの尺度でも、あると思うんです。
そんときに、
1時間くらいの(おまけに場所はラウンジだし!)
イヴェントが定期的に“開かれてる”、ということは、
「おもしろいこと」に目を向ける、ひとつのよいきっかけになるのじゃないかな、と。

とりあえず『ビューティー講座』と『星屑のキラメキ』ライヴはレギュラーらしいので、
「なんかないかなー」とか思った夜、それが第一水曜日だったりしたら、
足を運んでみてください。

絶対、びっくりするから。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。